フォトコン
2014年8月号

なぜ自分の目で見つけられないのか
被写体に頼るな!
有名だから、みんなが撮っているからという理由だけで被写体を選んではいませんか?たとえ有名撮影地であっても自分の目で被写体を見つけられるようになれば作品力は確実にワンランクアップします。

どう狙って何を表現する!?
映り込みで作品づくり
現実に見えている風景ですが、見つめ方によっては不思議な世界へと誘いますし、印象深い写真となる要素を持っています。湖沼から水溜り、小さいものなら水滴まで、映り込みで作品づくりを楽しみましょう。

夏こそ家族みんなで
子どもと楽しむ写真
世の中、子どもを撮る人は多いけれど、子どもと撮る人は少ない。実際に取材先を探してみたところ、思った以上にその実践者は少なかったです。“子どもと撮る”写真から得られるものとは?

ホップ・ステップ・ジャンプ!で撮る
わたしだけの人物写真
勇気を出して声をかけたけど、緊張して被写体の魅力をうまく写せなかった… そんなお悩みを持つすべての方のために
3段階の撮影法で、もっと楽しい人物写真へ「ハイ・ジャンプ!」

© 2014 Nihon Syashin Kikaku