2018年12月15日
定価1,500円+税
ISBN : 978-4-86562-084-9

B5変型(210×182ミリ)  ソフトカバー  124ページ 

女優、タレントとして活躍の場を広げるサヘル・ローズとフォトジャーナリストとして精力的な活動を続ける安田菜津紀による写真詩集。悩んでもいい。泣いてもいい。ときには立ち止まってもいい。それでもきっとあなたにしかできないことがあるから。二人の紡ぎ出す世界が「あなた」と「わたし」を優しく包み込み、一歩踏み出す勇気をそっと後押ししてくれる。

著者紹介
サヘル・ローズ
1985年イラン生まれ。8歳で来日。日本語を小学校の校長先生から学ぶ。舞台『恭しき娼婦』では主演を務め、映画『西北西』や主演映画『冷たい床』はさまざまな国際映画祭で正式出品され、最優秀主演女優賞にノミネートされるなど映画や舞台、女優としても活動の幅を広げている。第9回若者力大賞を受賞。芸能活動以外にも、国際人権NGOの「すべての子どもに家庭を」の活動で親善大使を務めている。
安田菜津紀
1987年神奈川県生まれ。Dialogue for People所属フォトジャーナリスト。東南アジア、中束、アフリカ、日本国内で難民や貧困、災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、彼災地を記録し続けている。第8回名取洋之助写真賞受賞。著書に『写真で伝える仕事−世界の子どもたちと向き合って−』(日本写真企画)他。上智大学卒。TBSテレビ『サンデーモーニング』にコメンテーターとして出演中。