【自分の作品ではなくなってしまう!】

 日本写真著作権協会で理事を務める棚井文雄さんによる連載が始まります。著作権というと、なんだか小難しいイメージがあったり、揉め事の気配がして嫌だな~と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 そこで本連載では、皆さんの作品づくりや作品発表に直結する話題をピックアップしてご紹介。著者の棚井さん自身も長年、国内外でストリートスナップを中心に作品制作を行う写真家です。その実体験や、見聞きしたエピソードをもとに教えていただきます。

  第1回目は「コンテストに応募するだけで自分の写真ではなくなる!?」というフォトコン読者必見の内容です。

  普段皆さんが応募しているさまざまなフォトコンテスト、細かい応募規約まですべて目を通していますか? 規約次第では、たとえ入賞しなくても、応募しただけで作品が「勝手に使われてしまう」なんてこともありえます。今回は、小さい文字で書いてある応募規約の「どこを見るべきか」もしっかりお伝えします。

 

フォトコン1月号は全国の書店・オンライン書店で発売中!
本誌オンラインショップからもご購入いただけます。
https://photo-con.net/SHOP/12-03.html