~ベルギー人が見たTOKYO~

Photo・Text Nicolas Wauters

Vol.10 Setagaya

みなさん、こんにちは。元気ですか?

東京は、私の子供時代の多くの時間を費やして発見した、私の夢の1つでした。
私が育った80年代、ヨーロッパにある私の国に、日本のゲーム機や大きな日本のアニメーションが登場しました。
2010年に初めて旅行するまで、私のゲームやアニメへの興味は、私の日本への好奇心を刺激しました。

Hello everyone, I hope you are well?

Tokyo was a part of my dreams of discovery during a huge part of my childhood …
Growing up in the 80s, at this time in Europe came the Japanese game consoles and the big Japanese animations in my country.
My interest in them sparked my curiosity for Japan, until my first trip in 2010.

日本を外から特にヨーロッパから見るとき、共有される画像は、多くの場合、高層ビルや人混み、ラッシュや交通渋滞、うるさいイメージで構成されいたにぎやかな巨大都市の画像です。確かに、日本では渋谷の交差点や新宿ビジネス街でもそのような雰囲気を何度も見ました。しかし、私は、ヨーロッパでシェアされている「東京」のイメージと違う面があると感じている…… 静かで、もっと素朴で平凡な東京。

When you look at Japan from the outside and especially from Europe, the images shared are often that of a bustling gigantic city, made up of thousands of skyscrapers and crowds on every street corner.
For sure, I have seen those kinds of ambiances many times in Japan, whether at the Shibuya crossroads or in the Shinjuku business district …
But there is, in my opinion, an “other Tokyo” than the one shared in Europe… A quieter, more rural, and flatter Tokyo…

 

 

私の妻は世田谷区に住んでおり、彼女と一緒になってからは、私もこの近辺の高井戸や下北沢まで、世田谷エリアの多くを歩いて廻りました。私は、この巨大な街東京都心の近所に、穏やかで親しみやすい雰囲気がある場所があるなんて想像もしていませんでした。
このエリアは、山手線の外側、特に西側エリアで、多くの小さな家や低層マンションがあります。私は、世界最大の都市の中心部にちかいこの場所に、いくつもの小さな公園やトマトやレタスの畑を発見したことに非常に驚きました。また、近所に住む人々が朝、集いラジオ体操をする姿にも驚きました。
そして、これらの優しく親しみやすく日本の安全な社会は、想像を絶する快適な生活を提供してくれます。

The areas around the JR loop and especially in the west area, are much flatter and house many small houses or residences with a few floors.
I was therefore very surprised to discover in the heart of the largest city in the world, many small neighborhood parks, fields of tomatoes or lettuce … But also to see the residents in the morning doing gymnastics (radio taiso) and live together.
And when you combine all this with kindness, gentleness and Japanese security. This offers the comfort of life that one would not imagine.



日本人はヨーロッパの人々より、はるかにコミュニケーション能力が高くおしゃべりです、ヨーロッパの人は、個人的で自分自身や自分の友人のみについて親身に考えます。
世田谷の中心部に住んで7年、私は、朝の犬のお散歩や通勤途中の挨拶を通して多くの知人ができました。
外国人が2頭のブルドッグを連れているということが、日本人の好奇心を掻き立てるからかもしれません。
想像するに、こんなことは、東京のいろんな街角で繰り広げられる光景でしょう、こういうことが、私にとって東京をスペシャルな街にしている。

While in Europe people are generally much more communicative and talkative, they are also much more individual and generally think more about themselves and their friends.
In the 7 years that I have lived in the heart of Setagaya, I have come to meet many acquaintances who say hello to me in the morning when I walk my dogs or just go to work.
Even if I suppose that my foreign side to combine with my two bulldogs arouses the curiosity of the Japanese.
I guess this is repeated in many neighborhoods and boroughs of Tokyo, and makes this city even more special to me.