【グラフティや屋外の彫刻作品 スナップで撮りたい!】

  写真作品や撮影にまつわるさまざまな「権利」を、写真家・棚井文雄さんが簡単に解説する本連載。今回は、屋外で展示している芸術作品についての話題です。  タイトルにある“グラフティ”とは、屋外の壁に描かれたアーティスティックなスプレーアート、そして落書きのこと。街中で見かける個性的なデザインには、他の被写体と組み合わせた効果をねらうなど、カメラを向けたくなる魅力があります。  また、近年は「ビエンナーレ」「トリエンナーレ」という形で目にする機会が多くなった、屋外展示の彫刻作品。独創的な現代アートと周りの人びとの組み合わせは、写真愛好家にとって人気のモチーフとなっています。  しかし、ここでは撮影者のほかにも、アートやグラフティの制作者、そしてグラフティが描かれた壁の所有者など、さまざまな「権利」が交差しています。他人の作品を撮影しても大丈夫なのかな? フォトコンテストに応募してもいいのかな? そんな疑問に、棚井さんがフォトコン3月号でお答えします。

 

 

フォトコン3月号は全国の書店・オンライン書店 または以下の本誌オンラインショップからもご購入いただけまます!
https://photo-con.net/SHOP/12-03.html