第8回 過去の作品が甦る

[写真・解説] 清水哲朗

「隠れた名作」を見つけ出す

 写真を撮るのは楽しい。良い写真が撮れた時には心が満たされ、すぐにでも誰かに自慢したくなる。しばらくするとそれでは飽き足らず、次の刺激を求めてまた新たな撮影にでかけてしまう。それはそれでひとつの写真の楽しみ方だ。
 その一方で一度も日の目を見ることなくお蔵入りしてしまった作品はどれだけあるのだろうか。写真整理は面倒で苦手な人も多いが「隠れた名作」を見つけ出す喜びがある。SilverFastを手に入れて以来、ポジやネガなどの過去の作品をスキャンしては撮影当時の記憶を呼び起こし、自分なりの名作発見に繋がっている。
 今取り掛かっているのは四半世紀前の写真学生時代のモノクロネガ。被写体との距離感や構図、現像ムラなど当時の自分に物申したいことはたくさんあるが、長時間寝かせたことによる街の変化、活気、人々のファッション性などに味わいが生まれ、どれも貴重なシーンに見えてくるから面白い。露出失敗のネガもスキャンやRAW現像時に修正可能。フィルム銘柄を変更して印象を変えてもいい。暗室のない自分にとってSilverFastは過去作品に光を与える希望のツールである。

学生時代、初めての雪撮影は露出アンダーなネガになった上に現像ムラもあり、暗室で苦労してプリントした記憶がある。SilverFastを使えば、露出、中間トーン、コントラストもあっという間に修正可能。HDR9を使ってのRAW現像時にグローバル色補正でセピア調仕上げも簡単にできる。

 

 

【新たな発見を楽しもう!】

防湿庫やファイルボックスには学生時代からデジタルカメラに移行するまでのフィルム作品(ポジ&ネガ)が多く眠っている。当時と現在では「セレクトする目」が違うため、今見直すと新たな発見がある。SilverFastでデジタル化することで新しい表現が生まれるかもしれない。

 

 

340種類以上のスキャナーに対応! 購入・ダウンロードはこちらから!
https://www.silverfast.com/photocon-web

フォトコン9 月号 読者プレゼント:SilverFast SE 9を1名の方にプレゼント! 詳しくはフォトコン9月号247ページをご覧ください。

 

[写真・解説] 清水哲朗
しみず・てつろう

1975年、横浜市生まれ。
23歳でフリーランスとして独立。
独自の視点で自然風景からスナップ、ドキュメントまで幅広く撮影。
個展開催多数。

第7回 これは使える!NegaFix機能とは?

[写真・解説] 清水哲朗

フィルムごとの発色特性を自動的に再現

 ネガフィルムはラチチュードが広く、豊かな階調が得られるメリットがある。独特のやわらかさはプリント表現向きである。
しかし、見た目で「忠実の色」を確認できるポジフィルムとは違い、反転されたネガを見ただけでは基準となる色はわからない (同じネガでも写真店によって発色のまるで違うプリントに仕上がった経験はないだろうか)。
そこで便利なのが SilverFast の「 NegaFix 」機能。
メーカー( 日米欧の14社 )、 フィルム銘柄、ISO感度を選択すれば、フィルムごとの発色特性が自動的に再現される。あとは画面を見ながら明るさ (露光量と許容誤差) 調整すれば基準色に悩まずにスキャンできる。
「 NegaFix 」はカラー、モノクロどちらのフィルムにも対応しているので、基準色だけでは物足りない、もっと自分好みの色に仕上げたいという人はあえてメーカーやフィルム銘柄 、ISO感度を使用フィルムとは違ったものを選び、発色をアレンジするのも楽しみ方の1つと言えそうだ。

 窓辺にフィギュアを置き、ピンホールカメラで撮影した宇宙船のイメージ。
光量不足により周辺が落ちるのは想定内で、それを活かすべく中央に主題を配置した。基準色の判断が 難しいネガフィルムでも SilverFastのNegaFixを使えば、フィルムの特徴を生かした色で取り込める。

 1997年 モンゴル初訪問時にニューマミヤ6で撮影したモノクロフィルム作品。
写真集ではセピア調に仕上げたが NegaFixによるクールな仕上がりもなかなか良い。どんな用紙にプリントしようかと想像するだけでスキャン作業も楽しくなる。

【NegaFix機能】

「メーカー・フィルム銘柄・ISO感度」を選択することでフィルム銘柄に応じた発色が自動的に再現される機能。カラー、モノクロどちらのフィルムにも対応。仕上げをさらに追い込みたい人はRAWデータ(.dng)で保存し、LaserSoft Imaging社製ソフトで開けば「NegaFix」のパラメータ変更が可能 。iSRD、SRDx 同様、他社ソフトでは使えない。

 

340種類以上のスキャナーに対応! 購入・ダウンロードはこちらから!
https://www.silverfast.com/photocon-web

フォトコン8 月号 読者プレゼント:SilverFast SE 9を1名の方にプレゼント! 詳しくはフォトコン8月号247ページをご覧ください。

 

 

[写真・解説] 清水哲朗
しみず・てつろう

1975年、横浜市生まれ。
23歳でフリーランスとして独立。
独自の視点で自然風景からスナップ、ドキュメントまで幅広く撮影。
個展開催多数。

 

第6回 SilverFast ならではの機能を生かせる HDRi RAW

[写真・解説] 清水哲朗

スキャン時のデータを劣化させずに再現像が可能

 「スキャン時に仕上げまで追い込むか」「スキャンと仕上げを別工程にするか」はユーザーにとって大きな問題だ。スキャン時に仕上げまで追い込めれば作業工程も少なくて済むが、確固たる完成イメージがなければ予期せぬ着地点になることもある。作業効率を考えれば黙々とスキャンをし、後でSilverFastにあるパラメータを変更できたら最高なのだができるのだろうか。
 そんな悩めるユーザーにおすすめしたいのが「HDRi RAW」だ。前回カラーターゲット(別売)を使用した結果、色への信頼度が絶大となり補正を加えずに「ポジ忠実」の色が得られたとお伝えした。その状態でHDRi RAW保存すれば、カメラのRAW撮影同様スキャン時のデータを保持、劣化させずに再現像が可能になる。スキャン時のニュートラルなイメージにいつでも戻れ、再スキャンの手間も省けるので使わない手はない。SilverFastでしか使用できないiSRD、SRDx、NegaFixなどのツールを活用し、イメージを微調整したり追い込んだりと別イメージに表現したい人はHDRi RAWの利用価値はかなり高い。

 

6×7のポジ作品をスキャンし、RAWデー タで保存。SilverFast HDR9を使い、現像時にイメー ジを追い込んでいく。ポジ忠実にスキャンしたが、夕 方の赤みを帯びた色はグローバル色補正でモニタ ーを見ながら感覚的に修正、現像した。

少年が草むらに飛び込み手づかみでマ ーモットを捕獲。彼にとっては遊びの1つだ。オーソ ドックスなポートレートだが、日の当たるマーモットの 毛並みと帽子の影にある少年の顔の露出は輝度 差があるため現像で追い込んでいく。傷や埃は 「iSRD」で再度表示、適宜補正した。

 

HDRi RAW機能

アナログデータ(フィルム、プリント)をRAWデータ(.dng)変換したもの。SilverFast でスキャンするとスキャナのICCプロファイルが自動的に埋め込まれ、傷や埃を除去する赤外線データ等も含まれる。SilverFast HDR9等のLaserSoft Imaging社製ソフトでHDRi RAWを開けば現像で全てのパラメータ変更も可能。ただし、他ソフトで開くと一部制限や手動設定が必要になる。

 

340種類以上のスキャナーに対応! 購入・ダウンロードはこちらから!
https://www.silverfast.com/photocon-web

フォトコン7 月号 読者プレゼント:SilverFast SE 9を1名の方にプレゼント! 詳しくはフォトコン7月号247ページをご覧ください。

 

 

[写真・解説] 清水哲朗
しみず・てつろう

1975年、横浜市生まれ。
23歳でフリーランスとして独立。
独自の視点で自然風景からスナップ、ドキュメントまで幅広く撮影。
個展開催多数。

 

 

 

5回 原版に忠実な色を再現してくれるキャリブレーション機能

[写真・解説] 清水哲朗

「色」への絶大な信頼度

 スキャン作業における最大の不安は「色」。ユーザーが求めているのは原板に「忠実な色」が得られるかであり、明るさやコントラスト調整、ごみ取りはあくまでその先にある仕上げ作業でしかない。
 試用段階ではSilverFastは感覚的に使いやすく優れたソフトだなと思っていたが「色」への不安はメーカー純正ソフトと同様だった。しかし、カラーターゲット(別売)でキャリブレーションを行なった途端、SilverFastへの信頼度は絶大となった。階調再現(多重露光)のマルチエクスポージャー(ME)、キズ・ホコリを自然に除去してくれる「iSRD」「SRDx」を使用するストレートスキャンで「忠実な色」 が得られた。これは凄い

【Before】

【After】

「りんごほっぺ」と澄んだ瞳、正月用の新しい民族衣装が印象的だった厳冬のモンゴルで出会った姉妹。マイナス30度を下回る気温の中、その寒さを表現するために青みがかったイメージでやや暗めに撮影した。AIによるキズ・ホコリ除去では衣装に付着していた羊毛は修正されず、精度の高さを感じた。

(左:Before 右:After)

ゲルの天窓から見え た星空

ゲルの天窓から見えた星空を長時間露光した作品。一瞬だけ灯されたローソクの赤味も飽和することなく、カラーキャリブレーション後ならば 補正を一切加えず「 ポジ忠実 」の色にスキャンされた。

キャリブレーション機能

SilverFast は完全自動 IT8 キャリ ブレーション(特許取得済)機能を搭載。別売のカラーターゲットを使い、キャリブレーションすることで反射原稿(プリント)も透過原稿(ネガ&ポジフィルム)も原板に忠実な色にスキャンできる 。SilverFast のコンセプトは「いかに元の状態を変えずにデジタル化できるか」。カラーターゲット使用で得られる色への安心感は大きい。

 

340種類以上のスキャナーに対応! 購入・ダウンロードはこちらから!
https://www.silverfast.com/photocon-web

フォトコン6月号 読者プレゼント:SilverFast SE 9を1名の方にプレゼント! 詳しくはフォトコン6月号247ページをご覧ください。

 

 

[写真・解説] 清水哲朗
しみず・てつろう

1975年、横浜市生まれ。
23歳でフリーランスとして独立。
独自の視点で自然風景からスナップ、ドキュメントまで幅広く撮影。
個展開催多数。

 

 

4回 階調豊かな再現性 マルチエクスポージャー(多重露光)機能

コントラストの高い作品でも安心

 日向と日陰のコントラストが高く明暗差が大きい写真には、マルチエクスポージャー(ME)が有効だ。
この写真は富士フイルムのベルビア(RVP)で撮影したもの。発色は良いがコントラストがとても高く表現される特性を持っているために、影の部分が黒ツブレしやすいがMEを使うことでしっかり再現してくれているのがわかる。
HDRに似た機能と思えば理解しやすいだろう。さらにノイズ軽減効果もあるのでありがたい。
MEと同時に行えるグローバルCCやセレクティブCCは色味を補正できる機能。褪色したフィルムの色を補正するのもこの機能を使えば簡単に行える。
今回もベルビアの特徴でもある抜けるような青空をしっかり再現してくれた。

【After】

【Before】

 

 

[写真解説]

約25年前のドイツ、ブレーメン。
年間3カ月ほどの海外取材を続けていた頃の写真は、ストックが数十万点ある。
中にはこのように退色が始まっているものもあり、一刻も早いデジタル化の必要がある。

 

マルチエクスポージャー機能

 マルチエクスポージャー(ME)は、プレスキャンを2回行うことによりダイナミックレンジを最大でスキャニングが可能だ。
低照度部に発生しやすいノイズも同時に軽減できるので、安心してデジタル化できる。
これまでなら白トビ、黒ツブレしていたようなシーンでも階調豊かに再現してくれるのだ。

過去製品でも利用可能

 上の写真はニコンLS9000でスキャンした。純正ドライバーはWindowsVistaまでしか対応していないが、シルバーファーストは過去製品であっても多くのスキ ャナーに対応しているのも大きなメリットだ

340種類以上のスキャナーに対応! 購入・ダウンロードはこちらから!
https://www.silverfast.com/photocon-web

フォトコン5月号 読者プレゼント:SilverFast SE 9を1名の方にプレゼント! 詳しくはフォトコン5月号245ページをご覧ください。

 

 

 

3回 ストレスから解放してくれる キズ・ホコリ除去機能

他のソフトにはない精度の高さに驚き

キズ・ホコリ除去機能は他のソフトにも搭載されてはいるが、SilverFastはAIを駆使した処理を行うので、人の目で選別したようにキズ・ホコリと被写体とを区別 してくれる。特によくある糸ゴミの判別は秀逸。
草木などの細かな線状の絵柄付近にあった場合でも、糸ゴミだけを除去する。この精度の高さには驚いた。
使用方法は、「iSRD」と「SRDx」を補正モードにし、検知の数値を決める。数値を大きくすると、「iSRD」ではホコリの補正能力が高まるが「SRDx」では絵柄の部分を補正しボケたようになってしまうことがあるのでその場合は、設定で調整する。また、シミのような汚れや大きな点像のキズ・ホコリは絵柄の一部と認識して補正されないことがあるが、マスクで部分的に補正することで解決できる。

スキャン完了

 

SilverFastには2つのキズ・ホコリ除去機能が搭載されている。1つは赤外線を使って除去する「iSRD」といわゆる通常の除去を行う「SRDx」。この2つの機能を使うことで自然にキズ・ホコリ が除去できる。
この作品は4×5判フィルムの多重露光だが、撮影時に仕切りを抜き差ししたときのわずかなズレまで見つけて補正してくれた。難しい操作は一切行っていない。
ただ2つのアイコンを押しただけだ。

iSRDボタンとSRDxボタンの2つだけ!

 

【これまでだと】
スキャン後にレタッチソフトを立ち上げ、画面を拡大しながらキズ・ホコリがないかをチェック。
コピースタンプツールなどを使って1つずつ手動で除去。 →手間と時間がかかる。

SilverFastを使えば
キズ・ ホコリを除去するには「iSRD」と「SRDx」の2つのアイ コンマークを押すだけ。
さらに表示を「1:1」もしくは「HQ」にすると再度プレビューを行い、詳細な画像で結果を確認できる。 →効率的に作業できる。

 

 

340種類以上のスキャナーに対応! 購入・ダウンロードはこちらから!
https://www.silverfast.com/photocon-web

フォトコン4月号 読者プレゼント:SilverFast SE 9を1名の方にプレゼント! 詳しくはフォトコン4月号245ページをご覧ください。

 

 

 

2回 ワークフローパイロットを活用しよう

ワークフローパイロット機能とは?

表示画面の左上の飛行機マークを押すと表示されるアイコンの順に作業を行うことで、はじめての方でも迷わず簡単にスキャンできる機能。その中でも輝度差が大きい写真を調整する際の「ME」と、ほとんどの調整を自動で行ってくれる「自動CCR」はとても優秀。埃や傷は赤外線を使う「iSRD」と赤外線を使用しない「SRDx」で、違和感なく消去することができる。

一連のスキャン作業が見た目にもわかりやすく表示され、各項目の操作もサポートしてくれる。左から順に項目をクリアしていけばはじめての方でもスムーズに作業できる。

【これまでなら】
何をどの順番で調整していいのかわからない

SilverFastを使えば
手順をアシストしてくれるので迷うことがない。作業の短縮化が図れ、フィルム資産を新たに呼び戻すことが容易になる。

<SilverFastを使用>

機能の中で明るさや色などを自動で調整してくれる「自動CCR」のみ使用した。性能は高く、この機能だけで作業は十分なことも多い。

 

<通常のスキャニングソフトを使用>

 

 

 

 

 

おすすめは自動CCR機能

ワークフローパイロットは便利なことはもちろん、SilverFastに搭載されている各機能を理解するのにも役立つ。はじめて使うという方はぜひ一度試してほしい。このソフトならではの特長やメリットがよくわかる。
そもそもフィルムは完全な状態ではなく、特にネガはその見た目からは色が判断できない。そこで活用したいのが自動CCR。この機能を使えば逆光やコントラストの強弱がある場合でも、難なく自動で調整しプレビューで確認できる。
もちろん自分で好みの色味や明るさに調整できる機能も搭載されている。画像処理をしながらスキャンできるため、作業効率の大幅なアップにつながる。Photoshopなどのプラグインとしても使えるので、細かな部分までレタッチしたい場合は、連携しての使用がおすすめだ。

 

340種類以上のスキャナーに対応! 購入・ダウンロードはこちらから!
https://www.silverfast.com/photocon-web

フォトコン3月号 読者プレゼント:SilverFast SE 9を1名の方にプレゼント! 詳しくはフォトコン3月号245ページをご覧ください。

 

 

 

1SilverFastって何?

SilverFastってこんなソフト!

スキャンから画像処理まで一貫して行える
精度の高いホコリ除去機能を搭載
スキャン前に指定した処理をプレスキャンで確認できるので安心して作業が可能

【これまでなら】
過去に撮影した大切なフィルムが、眠ったまま……。
スキャンやその後に行う画像処理が面倒だから。

SilverFastを使えば
作業の短縮化が図れ、フィルム資産を新たに呼び戻すことが容易になる。
押し入れにしまい込んだお宝フィルムを発掘できる!

<SilverFastを使用>

画像処理とスキャニングが一度にできる便利なソフト。スキャン後の作業が短縮できるので、大量にあるフィルムのデジタル化も容易に行える。

 

 

<通常のスキャニングソフトを使用>普段であればここからさらにホコリ除去や画像処理が必要になる。その手間がかからないだけでもSilverFastを使う意味は大きい。

 

 

SilverFastには便利な機能がたくさん!

このソフトには便利機能がたくさん。

中でもヒストグラムやグラデーション、色補正など、写真愛好家には必須の画像処理ソフト並みの機能が搭載されている。ホコリ除去機能も優秀で、すべてスキャン時に完結できる。

 

黒から白まで階調も豊かに再現

通常のスキャニングソフトでは仕上がりの調整が細かくできないものが多く、明るさやコントラストなどはスキャン後の画像編集ソフトに頼ることになる。そのため、シャドー部など無理な処理によるノイズの増加や色飽和など、画像データに予期せぬダメージを与えることがある。
その点、SilverFastはスキャンから画像処理まで一貫して行え、黒から白まで階調も豊かに再現される。マルチエクスポージャー(ME)を使えば広いダイナミックレンジかつ高画質でスキャンすることもでき、コントラストの高い画像にも有利だ。
さらに劣化し褪色が始まったフィルムも、ある程度ならほぼ問題なく復元できるのも大きな特長だ。

 

340種類以上のスキャナーに対応! 購入・ダウンロードはこちらから!
https://www.silverfast.com/photocon-web

フォトコン2月号 読者プレゼント:SilverFast SE 9を1名の方にプレゼント! 詳しくはフォトコン2月号245ページをご覧ください。

 

[写真・解説]

藤村大介
ふじむら・だいすけ

1970年、香川県生まれ。
1995年、フリーランスとしての活動を開始。ライフワークとして20年以上撮影を続ける夜景のほか、世界各地の建築、名所、旧跡、文化、民俗などを取材。
主な著書に『世界のまがとき』(小社刊)がある。