第2回 ワークフローパイロットを活用しよう

ワークフローパイロット機能とは?

表示画面の左上の飛行機マークを押すと表示されるアイコンの順に作業を行うことで、はじめての方でも迷わず簡単にスキャンできる機能。その中でも輝度差が大きい写真を調整する際の「ME」と、ほとんどの調整を自動で行ってくれる「自動CCR」はとても優秀。埃や傷は赤外線を使う「iSRD」と赤外線を使用しない「SRDx」で、違和感なく消去することができる。

一連のスキャン作業が見た目にもわかりやすく表示され、各項目の操作もサポートしてくれる。左から順に項目をクリアしていけばはじめての方でもスムーズに作業できる。

 

【これまでなら】
何をどの順番で調整していいのかわからない

SilverFastを使えば
手順をアシストしてくれるので迷うことがない。作業の短縮化が図れ、フィルム資産を新たに呼び戻すことが容易になる。

<SilverFastを使用>

機能の中で明るさや色などを自動で調整してくれる「自動CCR」のみ使用した。性能は高く、この機能だけで作業は十分なことも多い。

 

<通常のスキャニングソフトを使用>

 

 

 

 

 

おすすめは自動CCR機能

 ワークフローパイロットは便利なことはもちろん、SilverFastに搭載されている各機能を理解するのにも役立つ。はじめて使うという方はぜひ一度試してほしい。このソフトならではの特長やメリットがよくわかる。
 そもそもフィルムは完全な状態ではなく、特にネガはその見た目からは色が判断できない。そこで活用したいのが自動CCR。この機能を使えば逆光やコントラストの強弱がある場合でも、難なく自動で調整しプレビューで確認できる。
 もちろん自分で好みの色味や明るさに調整できる機能も搭載されている。画像処理をしながらスキャンできるため、作業効率の大幅なアップにつながる。Photoshopなどのプラグインとしても使えるので、細かな部分までレタッチしたい場合は、連携しての使用がおすすめだ。

 

340種類以上のスキャナーに対応! 購入・ダウンロードはこちらから!
https://www.silverfast.com/photocon-web

フォトコン3月号 読者プレゼント:SilverFast SE 9を1名の方にプレゼント! 詳しくはフォトコン3月号245ページをご覧ください。

 

 

 

第1回 SilverFastって何?

SilverFastってこんなソフト!

★ スキャンから画像処理まで一貫して行える
★ 
精度の高いホコリ除去機能を搭載
★ スキャン前に指定した処理をプレスキャンで確認できるので安心して作業が可能

【これまでなら】
過去に撮影した大切なフィルムが、眠ったまま……。
スキャンやその後に行う画像処理が面倒だから。

SilverFastを使えば
作業の短縮化が図れ、フィルム資産を新たに呼び戻すことが容易になる。
押し入れにしまい込んだお宝フィルムを発掘できる!

<SilverFastを使用>

画像処理とスキャニングが一度にできる便利なソフト。スキャン後の作業が短縮できるので、大量にあるフィルムのデジタル化も容易に行える。

 

 

<通常のスキャニングソフトを使用>普段であればここからさらにホコリ除去や画像処理が必要になる。その手間がかからないだけでもSilverFastを使う意味は大きい。

 

 

SilverFastには便利な機能がたくさん!

このソフトには便利機能がたくさん。

中でもヒストグラムやグラデーション、色補正など、写真愛好家には必須の画像処理ソフト並みの機能が搭載されている。ホコリ除去機能も優秀で、すべてスキャン時に完結できる。

 

黒から白まで階調も豊かに再現

通常のスキャニングソフトでは仕上がりの調整が細かくできないものが多く、明るさやコントラストなどはスキャン後の画像編集ソフトに頼ることになる。そのため、シャドー部など無理な処理によるノイズの増加や色飽和など、画像データに予期せぬダメージを与えることがある。
その点、SilverFastはスキャンから画像処理まで一貫して行え、黒から白まで階調も豊かに再現される。マルチエクスポージャー(ME)を使えば広いダイナミックレンジかつ高画質でスキャンすることもでき、コントラストの高い画像にも有利だ。
さらに劣化し褪色が始まったフィルムも、ある程度ならほぼ問題なく復元できるのも大きな特長だ。

 

340種類以上のスキャナーに対応! 購入・ダウンロードはこちらから!
https://www.silverfast.com/photocon-web

フォトコン2月号 読者プレゼント:SilverFast SE 9を1名の方にプレゼント! 詳しくはフォトコン2月号245ページをご覧ください。

 

[写真・解説]

藤村大介
ふじむら・だいすけ

1970年、香川県生まれ。
1995年、フリーランスとしての活動を開始。ライフワークとして20年以上撮影を続ける夜景のほか、世界各地の建築、名所、旧跡、文化、民俗などを取材。
主な著書に『世界のまがとき』(小社刊)がある。