高校球児が孝行球児になる日

年中夢球

2024年2月16日
定価1,650円(税込)

188㎜×127㎜  ソフトカバー  272ページ 

高校球児のこころにストレートに響き、親にとっても気持ちがすっきりする、今までにありそうでなかった一冊が完成!


悩んだり、迷ったりしながら高校野球を続けていませんか?

「レギュラーになれない」「監督と合わない」「仲間とうまくいかない」「あいつには勝てない」
技術や選手の情報はネットにあふれているけれど、日々の悩みや迷いを解決してくれるのはこの本だけ


本書の特徴
1 高校1年の春から高校3年の夏まで、時系列で怒る悩みを解決する
2 元球児の父が体験談や取材を元に本音で書いているのでこころに響く
3 高校野球をやり遂げるための「心構え」は将来の人生にも役立つ


■高校球児に勧める理由
日々の迷いを実例を挙げて説明するので納得できる。
高校野球の最後の日までにやるべきことが具体的にわかる。
メンタルスペシャリストとしてのアドバイスが役に立つ。
各学年で起きる問題や悩みが時系列に並ぶので共感できる。
こころに響くことばは人生の指針にもなる。


■高校球児の親に勧める理由
後悔させたくないから言いたいことを言ってくれている。
親の言うことは聞かないけど他人の言葉なら聞いてくれる。
意外とわからなかった球児たちの本音がわかる。
我が子だけでなくチームの仲間を応援したくなる。
子どもや指導者との関係が理解できる。


Amazon.co.jpはこちらから