新 農業女子に会いたい

全国各地でさまざまなアイデアを導入して農業を展開している「農業女子」を撮影。

2022年12月号
※写真をクリックすると拡大表示されます。

FILE.08花島綾乃さん

干葉県松戸市
旬の野菜、オーガニック野菜(年問60種類以上、 100品目ほど)


綾善Farm/オーガニックファーム綾善 統括マネージャー。2017年、有機・無農薬の野菜生産・販売を手がける「綾善」を立ち上げる。「おいしくて安全だからこそ毎日食べ続けられる野菜」を目指し、少量多品目の農業を展開。

WEBサイト綾善Farm

snsfacebook Instagram Twitter

 
 
 
 

FILE.09安田加奈子さん

東京都西東京市
四季の露地多品目栽培


やすだ農園。野菜農家の4代目。幼稚園教諭、学童保育士を経て、結婚を機に夫と家業を継ぐ。レストランや百貨店など出荷先に合わせて、カラフルで珍しい野菜も栽培。

WEBサイトやすだ農園

snsfacebook Instagram

 
 
 
 

前回の「新 農業女子に会いたい」は次ページへ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23