ブログ

◆Blog 編集部スタッフが特集や記事、コンテスト、写真展の話題などを随時お届けします。

月別に表示:

年別に表示:

フォトコン2月号 小さな花に心を寄せて

小さな花に心を寄せて 第2回

【そろそろ咲き出す野の花に目を向けよう】

日頃から身近な自然の写真を撮影している著者、相地透さんは、かつて本誌編集部に在籍していました。いまは個人出版社で自然を愛する人のための雑誌作り続けています。小さな自然を大切する心を伝えてくれます。

フォトコン2月号-小さな花に心を寄せて

【フォトコン2月号は発売中!全国の書店・オンライン書店 または以下の本誌オンラインショップからもご購入いただけます!】
https://photo-con.net/SHOP/02-20.html

【編集部ブログ】
https://www.photo-con.com/category/blog_photocon/

フォトコン2月号 写真家の手相、拝見します

【手相に興味津々の佐々木啓太さんでした!】

「いつ呼ばれるか待ってましたよ~」という佐々木啓太さん。最初から手相に興味があるようで、楽しい鑑定となりました。本誌では、鑑定の一部しか掲載できていませんが、鈴木さんのYouTubeチャンネルでは、すべてのやりとりをご覧いただけます!

フォトコン2月号-写真家の手相

運命線を中心とした縦線に勢いのある佐々木さん。また、これまでの写真家を見てきた中で多くの人にあった「金星帯」ですが、佐々木さんはいびつになっているのが特長です。その意味とは!?

本誌、YouTubeをあわせてお楽しみください!

 

【フォトコン2月号は発売中!全国の書店・オンライン書店 または以下の本誌オンラインショップからもご購入いただけます!】
https://photo-con.net/SHOP/02-20.html

【編集部ブログ】
https://www.photo-con.com/category/blog_photocon/

フォトコン2月号 禁断のカメラカスタム

禁断のカメラカスタム 第2回

【やっちゃダメかもしれないけど楽しい破壊と創造】

店頭で打ち捨てられたように転がる故障機材を拾い上げ、分解し、工作し、新たな撮影機材に蘇らせる“ジャンクカメラのデストロイヤー&救世主”佐野文彦氏が「こんなことやっちゃってイイの?」と思わせる暴力的ながら超合理的な驚きの改造を紹介する「禁断のカメラカスタム」。

今月は約60年前のカメラ「キヤノンダイヤル35」を蘇らせます。

フォトコン2月号-禁断のカメラカスタム

電話のダイヤルをイメージさせるレンズ周りが特徴のこのカメラ、手に入れたのはもちろんジャンクの不動品、ここからレンズを引っこ抜いてミラーレスカメラ用の交換レンズにします。
で、ピント合わせのためにはヘリコイドが必要、これをどうつくるか。「あ、それでいいの!?」というビックリ&スッキリな方法で難なくクリアしちゃいます!

 

【フォトコン2月号は発売中!全国の書店・オンライン書店 または以下の本誌オンラインショップからもご購入いただけます!】
https://photo-con.net/SHOP/02-20.html

【編集部ブログ】
https://www.photo-con.com/category/blog_photocon/

フォトコン2月号 立派じゃないけど必携アイテム

写真家の「立派じゃないけど」必携アイテム! 第2回

【写真家の「立派じゃないけど」欠かせないアイテムを紹介!】

カメラやレンズなど、自分の撮影スタイルに合った機材を選ぶのはとても大切。一方で、一見地味だけれど、これがあるおかげで助かっている……そうしたアイテムも意外とあるものです。
本連載では、そんな「立派じゃないけど」欠かせないアイテムを、毎号写真家の皆さんに紹介していただきます!

第2回は、Jリーグオフィシャルカメラマンとして活躍し、EOS学園の講師も務める冨永聡さんが登場。
講座の生徒さんからプレゼントされたというアイテムは……扇子!?

詳しくは本誌をご覧ください!

 

【フォトコン2月号は発売中!全国の書店・オンライン書店 または以下の本誌オンラインショップからもご購入いただけます!】
https://photo-con.net/SHOP/02-20.html

【編集部ブログ】
https://www.photo-con.com/category/blog_photocon/

フォトコン2月号 [撮影×自然=癒やし]のエビデンス

[撮影×自然=癒やし]のエビデンス 第2回

【自然の中で撮ることは素晴らしい!】

フォトコン2月号-撮影自然癒やしのエビデンス

朝早くから夜遅くまで自然の中で夢中になって撮影している人が多いと思いますが、実は身体がリラックスした状態になっているのです。その理由について宮崎良文先生に解説いただきますが、なぜそうなるのか、を知ると写真がもっともっと好きになるはずです!

詳しくはこちら→https://www.photo-con.com/癒やしのエビデンス/

 

【フォトコン2月号は発売中です!全国の書店・オンライン書店 または以下の本誌オンラインショップからもご購入いただけます!】
https://photo-con.net/SHOP/02-20.html

【編集部ブログ】
https://www.photo-con.com/category/blog_photocon/

フォトコン2月号 フォト現場の大失敗ファイル

フォト現場の大失敗ファイル

【完全実話! 写真家が遭遇したトンデモ事件】

写真家/プロカメラマンは過酷な撮影シーンをたくさん経験しているもの。なかには現場で本当に命懸けの事件に遭ったり、ヘビーなエピソードには事欠きません。
そんな写真にまつわる失敗体験談を写真家が語る「フォト現場の大失敗ファイル」。今きけばどこかユーモラスでクスッと笑えて、でも明日は我が身でリアルにゾッとする、そんなお話を毎月お送りしています。

フォトコン2月号-写真家が遭遇したトンデモ事件

今月は写真家の桃井一至さんが登場。
舞台は20年前、クライアントやスタッフでピリピリの撮影現場で、あってはならないトラブルが。
カメラが、壊れた。
まあ、予備のカメラで撮ればよい、でもこのときだけ、それができなかった。

当時はフィルムからデジタルへの過渡期で、デジタル一眼レフがとても高価だった頃、予備のボディはフィルムのみ、しかし超急ぎの仕事でデジタルでの納品がマスト、つまりデジカメで撮るしかないのに、唯一のデジカメが壊れた、という。
この事態を周囲に悟られず無事に任務を遂行するために、桃井さんはある行動に出た。それは……。
身につまされ地団駄を踏みつつ、サブ必携を肝に銘じたくなるエピソード、ぜひご一緒に体験を!

【フォトコン2月号は発売中!全国の書店・オンライン書店 または以下の本誌オンラインショップからもご購入いただけます!】
https://photo-con.net/SHOP/02-20.html

【編集部ブログ】
https://www.photo-con.com/category/blog_photocon/

フォトコン2月号 達人たちが守っていたコンテスト応募の鉄則七箇条

達人たちが守っていたコンテスト応募の鉄則七箇条 第2回

【最後まで気を抜かないこと!】

コンテストは審査員に写真を見てもらい結果が出るものですが、もしプリントが悪かったとすると、内容を見る前に「プリントが悪いな~」といって落選になってしまいます。これが現実です。

だとしたら、最後のプリントまで気を抜かないように作品づくりをしなければなりません。やりすぎのレタッチや用紙までこだわる姿勢などは、ひと目見て伝わるものです。

何が正しいのか迷ったら、友人に聞いてみるのもいいでしょう。客観的な視点でプリントのクオリティを判断できるようになると写真力も上がるはずです。

フォトコン2月号-達人たち鉄則七箇条

 

【フォトコン2月号は発売中です!全国の書店・オンライン書店 または以下の本誌オンラインショップからもご購入いただけます!】
https://photo-con.net/SHOP/02-20.html

【編集部ブログ】
https://www.photo-con.com/category/blog_photocon/

フォトコン2月号 光で制する風景写真術

コンテストで勝ち残るための光で制する風景写真術 第2回

【冬の撮影で迷わないヒント】

冬を描いた作品は、コンテストでの入賞率も高いのですが、光のとらえ方がポイントになります。今回は、以下の5つにわけて解説しています。

曇天で撮る
青く冷たい世界を描く
逆光で輝きをとらえる
光をアクセントにする
強い彩りを加える

冬は天気が悪く撮るものがない……なんて思いがちですが、それぞれの光を活かすことで、素敵な作品が生まれます。コンテストを勝ち抜いてきた前川彰一さんに実践的な方法を教えてもらいます。

フォトコン2月号-光で制する風景写真術

 

【フォトコン2月号は発売中です!全国の書店・オンライン書店 または以下の本誌オンラインショップからもご購入いただけます!】
https://photo-con.net/SHOP/02-20.html

【編集部ブログ】
https://www.photo-con.com/category/blog_photocon/

フォトコン2月号 一生懸命フォトグラファー列伝

【今月の『一生懸命フォトグラファー列伝』北園絵里さん】

12月上旬、ちょっと暖かな午後、大船フラワーセンターにてインタビューを敢行しました。見ごろのお花が少ないタイミングでしたが、コロナ禍で少し閑散とした雰囲気ではありましたが、Interviewerの神立さんと北園さんの会話は弾みました。

日が特に短い季節、ポートレート撮影の時間がおしてしまいかなり斜光線状態。閉園ギリギリの時間帯まで粘りました。

フォトコン2月号-一生懸命フォトグラファー列伝

北園さんを逆光から狙っているのですが、とても光が溢れていて神々しかったです。

【写真展情報】

北園 絵理 写真展:かたち -その向こうに見えるもの-
キヤノンギャラリー銀座:2022年2月1日~2月12日
キヤノンギャラリー大阪:2022年3月29日~4月9日

https://canon.jp/personal/experience/gallery/archive/kitazono-katachi

 

【フォトコン2月号は発売中です!全国の書店・オンライン書店 または以下の本誌オンラインショップからもご購入いただけます!】
https://photo-con.net/SHOP/02-20.html

【編集部ブログ】
https://www.photo-con.com/category/blog_photocon/

フォトコン2月号 SilverFast第13回

\フォトコン2月号は本日発売です!/

【SIlverFast連載第13回】

フィルムスキャンソフト「SilverFast」の魅力をお伝えする本連載。
第13回からは、吉永陽一さんに登場いただきます。

独自の空撮鉄道写真のほか、現在でも中判と4×5のカラーネガで作品制作をしている吉永さん。フィルムスキャンを日常的に行う中で、以前撮った何気ない一枚が、スキャンによって大きく魅力を増すという出来事を実感しているそうです。

フォトコン2月号-SilverFast×吉永陽一

そんな吉永さんに、フィルムスキャンにかける思いと、その中でのSilverFastの魅力についてお話しいただきました!

 

【フォトコン2月号は本日1月20日発売です!全国の書店・オンライン書店 または以下の本誌オンラインショップからもご購入いただけます!】
https://photo-con.net/SHOP/02-20.html

【編集部ブログ】
https://www.photo-con.com/category/blog_photocon/