ブログ

◆Blog 編集部スタッフが特集や記事、コンテスト、写真展の話題などを随時お届けします。

月別に表示:

年別に表示:

フォトコン12月号 新製品速報

【注目の新製品を作例とともに紹介】

今月の「プロに聞く! 新製品速報」では、「キヤノン EOS R6 MarkⅡ/RF135ミリ F1.8 L IS USM」「富士フイルム X-T5」「OMデジタルソリューションズ OM SYSTEM OM-5」「ソニー α7RⅤ」の5製品をご紹介! 最新製品の気になる性能を、杉本利彦氏、吉森信哉氏、葛原よしひろ氏がわかりやすく紹介します。

pc22-12新製品速報

キヤノン EOS R6 MarkⅡ

キヤノンをはじめ、ミラーレスカメラのニューモデルが一挙に登場!
最新鋭の機能の数々を、ぜひチェックしてみてください!

 

【フォトコン12月号発売中です!】
全国の書店・オンライン書店 または本誌オンラインショップからもご購入いただけます!
オンラインショップはこちらから

 

【編集部ブログ】過去記事はこちらから

フォトコン12月号 光で制する風景写真術

コンテストで勝ち残るための光で制する風景写真術

【写真は光がすべて!】

フォトコン12月号-光で制する風景写真術

写真は光がないと写りません。それだけに光を読むことは重要なのです。それをテーマに季節の光のとらえ方を、前川彰一さんがお届けしてきましたが、1年間いかがだったでしょうか。コンテストに入賞するには、ただ撮っていただけではダメ。光を操って印象的にとらえることがポイントなのです。

毎月6ページにわたってお届けしてきたので、まとめた1冊がほしいというお声もあります。よりパワーアップしてお届けできればいいなと、思っています。連載は終わってしまいますが、光の大切さが伝わったとしたら幸いです

 

【フォトコン12月号発売中です!】
全国の書店・オンライン書店 または本誌オンラインショップからもご購入いただけます!
オンラインショップはこちらから

 

【編集部ブログ】過去記事はこちらから

フォトコン11月号 新製品速報

【注目の新製品を作例とともに紹介】

今月の「プロに聞く! 新製品速報」では、「富士フイルム GF20〜35ミリF4 R WR」「パナソニック LUMIX S 18ミリ F1.8」「タムロン 70〜300ミリ F/4.5-6.3 Di Ⅲ RXD/150〜500ミリ F/5-6.7 Di Ⅲ VC VXD」の4製品をご紹介。最新製品の気になる性能を、杉本利彦氏、吉森信哉氏、葛原よしひろ氏がわかりやすく紹介します。

フォトコン11月号-新製品速報

富士フイルム GF20〜35ミリF4 R WR

各社から、レンズ新製品が続々と登場!
新たな相棒になる一本を探している方、最新モデルの性能をチェックしたい方、ぜひご覧ください。

 

【フォトコン11月号発売中です!】
全国の書店・オンライン書店 または本誌オンラインショップからもご購入いただけます!
オンラインショップはこちらから

 

【編集部ブログ】過去記事はこちらから

フォトコン11月号 光で制する風景写真術

コンテストで勝ち残るための光で制する風景写真術

【深みのある作品が撮れる季節】

フォトコン11月号-光で制する風景写真術

美しく輝く紅葉も素敵なのですが、葉を落としはじめる晩秋もまた日本人の心に響きやすく、深みのある作品が撮れる季節でもあります。

それだけに光をうまく使うことで、ドラマチックに演出できたり、晩秋でありながら輝きを描けたりと表現の幅を広げてくれます。

前川彰一さんの光を使った晩秋表現をぜひお楽しみいただき、秋の終わりに備えてください!

 

【フォトコン11月号発売中です!】
全国の書店・オンライン書店 または本誌オンラインショップからもご購入いただけます!
オンラインショップはこちらから

 

【編集部ブログ】過去記事はこちらから

フォトコン10月号 光で制する風景写真術

コンテストで勝ち残るための光で制する風景写真術

【紅葉が美しくなるのは光の作用によるもの】

フォトコン10月号-光で制する風景写真術02

晴れの日の光はもちろん、曇りの日だって、朝晩だって光はあります。それを活用することで、紅葉はより美しくなり、幽玄だったり、荘厳だったり、いろんな言葉が連想できるようになります。
光を読むことの重要性はみなさんがよくわかっていることと思いますが、写真で見せて、より納得のできる構成にしています。

ぜひ特集1と合わせてお読みいただくと、今年の紅葉撮影は何倍も楽しくなるはずです!

フォトコン10月号-光で制する風景写真術

 

【フォトコン10月号発売中です!】
全国の書店・オンライン書店 または本誌オンラインショップからもご購入いただけます!
オンラインショップはこちらから

 

【編集部ブログ】過去記事はこちらから

フォトコン12月号 SilverFast第23回

【SilverFast連載第23回】

フィルムスキャンソフト「SilverFast」の魅力をお伝えする本連載。
第23回は岡嶋和幸さんに、モノクロネガフィルムのスキャンをはじめとした各機能について解説いただきました。

モノクロ作品の制作では、現在もネガフィルムを使用している岡嶋さん。フィルムや印画紙の値段が高騰し、撮影のハードルが上がりつつある現在でも、できる限りフィルム写真を続けられるよう試行錯誤をしています。

フォトコン12月号-SilverFast×岡嶋和幸

そこで今回SilverFastを使用し、シンプルかつ扱いやすい機能と、スキャンの仕上がりの美しさに驚いたという岡嶋さん。詳しくはぜひ本誌をご覧ください!

 

【フォトコン12月号は発売中です!】
全国の書店・オンライン書店 または本誌オンラインショップからもご購入いただけます!
オンラインショップはこちらから

 

【編集部ブログ】過去記事はこちらから

フォトコン11月号 SilverFast第22回

【SilverFast連載第22回】

フィルムスキャンソフト「SilverFast」の魅力をお伝えする本連載。
第22回は河野鉄平さんに、「ワークフローパイロット」をはじめとした各機能について解説いただきました。

現在でも、作品制作ではフィルム撮影を多く行っている河野さん。フィルムをスキャンしてデジタル画像にする行程を模索する中で、SilverFastの豊富な機能と使いやすさに感心したそうです。

フォトコン11月号-SilverFast×河野鉄平

「フィルムを外注で仕上げると、フィルムの特性を表現しきれないことが多く、正直もったいない」と語る河野さん。詳細はぜひ本誌をご覧ください!

 

【フォトコン11月号は発売中です!】
全国の書店・オンライン書店 または本誌オンラインショップからもご購入いただけます!
オンラインショップはこちらから

 

【編集部ブログ】過去記事はこちらから

フォトコン10月号 SilverFast第21回

【SilverFast連載第21回】

フィルムスキャンソフト「SilverFast」の魅力をお伝えする本連載。
第21回は吉田繁さんに、モノクロネガを階調豊かにスキャンできる機能「NegaFix」について解説いただきました。

明度の濃度域の広さと、階調の美しさが大きな魅力のモノクロネガ。しかしその美しさは、スキャンしたデジタルデータでは再現が難しく、歯がゆい思いをした方も多いのではないでしょうか?
そんな時こそSilverFastの出番。「NegaFix」機能を使ってフィルムをスキャンすれば、フィルムの種類やISO感度を設定し、階調を十分に表現したデータをつくれるのです。

フォトコン10月号-SilverFast×吉田繁

詳細はぜひ本誌をご覧ください!

 

【フォトコン10月号は発売中です!】
全国の書店・オンライン書店 または本誌オンラインショップからもご購入いただけます!
オンラインショップはこちらから

 

【編集部ブログ】過去記事はこちらから

フォトコン10月号 特集1

\フォトコン10月号は本日発売です!/

【やっぱり紅葉は撮りたい!】

フォトコン10月号-特集1

春の桜、秋の紅葉、特集をすると「また一緒か!」と言われますが、でも撮りたいんです。だけど今年もまた失敗してしまうんです。そこで、やっぱり対策を立てよう、ということで、今年は3ステップ撮影法を喜多規子さん、清家道子さん、萩原れいこさん、井上嘉代子さんに教えていただきました。

この4人の共通点は、本誌別冊『極上の風景写真フィルターブック』で共演しているというところですが、全国の撮影地を精力的に巡って、素敵な作品を発表しているところも共通しています。

まだ撮影に出たくないという方は、ぜひこの特集に出てくる写真を見て、紅葉をお楽しみいただきたいですし、撮影に出かける方は、自然条件などを見極めるポイントもありますので、ぜひお読みいただければと思います!

著:喜多 規子/清家 道子/萩原 れいこ/井上 嘉代子
『極上の風景写真フィルターブック』はこちらから

清家道子さん写真集
『またまの宇宙』はこちらから

【フォトコン10月号は本日発売です!】
全国の書店・オンライン書店 または本誌オンラインショップからもご購入いただけます!
オンラインショップはこちらから

 

【編集部ブログ】過去記事はこちらから

フォトコン10月号 新製品速報

\フォトコン10月号発売まであと1日!/

【注目の新製品を作例とともに紹介】

今月の「プロに聞く! 新製品速報」では、「富士フイルムX-H2/XF56ミリF1.2 R WR」「ニコンNIKKOR Z 400ミリ f/4.5 VR S」の3製品をご紹介。最新製品の気になる性能を、吉森信哉氏がわかりやすく紹介します。

フォトコン10月号-新製品速報

7月号でご紹介した「X-H2S」に続き、富士フイルム「X」シリーズの新モデルが登場!
有効約4020万画素の新開発センサーによる描写性能など、多彩なポイントを解説いただきました。詳しくはぜひ本誌をご覧ください!

 

【フォトコン10月号は明日9月20日発売です!】
全国の書店・オンライン書店 または本誌オンラインショップからもご購入いただけます!
オンラインショップはこちらから

 

【編集部ブログ】過去記事はこちらから